龍が如く極 攻略通信Wiki > ポーカー

ポーカー EditEdit(GUI)

テキサスホールデム、パイナップルホールデム、オマハホールデムという3つのルールで遊ぶことができる。
一部のルールが違うだけで基本的な遊び方はどれも同じ。
低レート(5枚/10枚)と高レート(50枚/100枚)を選択してプレイする。

テキサスホールデムについて EditEdit(GUI)

2枚の手札と5枚の共有札の計7枚から5枚を使い役を作るポーカー。

勝利条件 EditEdit(GUI)

ゲームの流れ EditEdit(GUI)

第1ラウンド手札が配られる
第2ラウンド共有札が3枚配られる
第3ラウンド共有札が1枚配られる
第4ラウンド共有札が1枚配られる

全員の賭け額が同じになるか、CHECKが一周するとラウンドが進む。
第4ラウンド終了後、全員の手札が公開される(ShowDown)。
この時、最も強い役のプレイヤーが勝者となる。

各ラウンドで出来る行動 EditEdit(GUI)

BET所定の額のチップを出す
※チップが出ていない場合に可能
CALL前の人と同額のチップを出す
RAISE前の人より多いチップを出す
CHECKチップを出さず次の人に回す
※チップがでていないか、Big Blind時に他の全員がCALLした場合に可能
FOLD勝負を降りる

Blindについて EditEdit(GUI)

BigBlindとLittleBlindeとは、ゲームの最初に強制的に払うチップです。
ディーラーの次のプレイヤーがLittleBlind、その次のプレイヤーがBigBlindを支払う。
ディーラー役は1ゲーム終わるごとに時計回りに隣のプレイヤーに移っていく。

パイナップルホールデムについて EditEdit(GUI)

最初に3枚配られ、その内1枚を捨て、残り2枚を手札とする。
それ以外はテキサスホールデムとほぼ同じルール。

オマハホールデムについて EditEdit(GUI)

4枚の手札と5枚の共有札の計9枚の中から5枚を使い役を作るポーカー。
手札から2枚、共有札から3枚を必ず使わなければならない。
それ以外はテキサスホールデムとほぼ同じルール。

達成目録 EditEdit(GUI)

コメント EditEdit(GUI)

お名前:

コメントはありません。


龍が如く極 攻略通信Wiki > ポーカー

新規 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS