ファイナルファンタジー13攻略通信 戦闘システム

ファイナルファンタジー13 FF13攻略通信

PS3「FF13 ファイナルファンタジー13」攻略サイト


戦闘システム

基本

ファミ通の記事が写真付きで分かりやすいです。
基本的な流れが理解しやすいと思います。

時間とともにタイムゲージがたまっていき、たまったゲージを消費してコマンドを実行します。
体験版ではタイムゲージは3段階に分かれていて、最大3個までコマンドを実行する事が出来ます。
コマンドにはコストが設定されており、消費するタイムゲージの量が違っています。
戦うやファイア・ブリザドはコスト1に対して、ファイガやブリザガはコスト3になっています。

  • ゲージが1個たまった段階でコスト1のコマンドを実行するか、ゲージを2個、3個溜めてまとめてコマンドを実行するか、状況に応じて行動しましょう。
  • ゲージが3個たまった状態でコスト1のコマンドを実行した場合は、ゲージ2個が残ります。
  • コマンド実行中、ゲージが余っている場合は、コマンドをストックに追加する事で続けて実行可能。
  • 逆にコマンド実行中、ストックのコマンドをキャンセルする事も可能。
  • 複数のコマンド実行中、途中のコマンドで敵を倒した場合、残りが無駄になります。
    製品版では改良される?

チェーン

敵を攻撃すると画面右上のゲージが上昇します。
ゲージが無くなる前に次の攻撃をヒットさせると、チェーンがつながります。
チェーンを繋げる事で、チェーンボーナスの数値が上がり、敵に与えるダメージが上昇します。
チェーンボーナスは戦うで10%上昇し、魔法では1.5%しか上昇しません。
逆に、ゲージ増加量は魔法で大きく増加し、戦うではほとんど上昇しません。
したがって、魔法でゲージを維持しつつ、戦うでチェーンボーナスを稼ぐという戦い方が基本になります。

ブレイク

チェーンボーナスが一定値を超えると、敵が赤く点滅し、ブレイク状態になる。
(一定値を超えると敵が黄色に点滅→攻撃をヒットさせると赤く点滅?)
※説明書にはゲージとなっていますが、ボーナス値が正しいと思われます。
ブレイク状態の敵はうちあげる事ができ、うちあげた敵にはより大きなダメージを与える事ができます。
うちあげ中の敵には魔法より戦うの方がダメージ倍率が高い模様。
※うちあげる事ができない敵もいます。

ブレイク状態になるとゲージが最大値からすこしずつ減少していきます。
ゲージがなくなるとブレイク状態から復帰します。
ブレイク中はゲージは増加しませんので、ゲージがなくなる前にできるだけ攻撃しましょう。

  • ブレイク可能なボーナス値(推定値)とうちあげ可否
    ※ボーナス値は大体の値と思って下さい。
    敵名称 ボーナス値 うちあげ
    重攻撃騎マナスヴィン 200% ×
    PSICOM治安猟兵 120%
    PSICOM治安兵 120%
    ゲバルト烈爪 125%
    PSICOM飛空偵察兵 150% ×
    PSICOM特別戦術士 150%
    ベヒーモス 改 200%
  • うちあげ後の「たたかう」での追撃の違い
    • ライトニング
      ジャンプして剣で追撃します。ダメージ倍率が高く効果的です。
      ブレイクしたらうちあげ→たたかうで追撃するといいでしょう。
    • スノウ
      ブリザドで空中の敵に追撃します。あまりダメージ倍率が高くないです。
      ブレイクしてもうちあげずに戦うの連続がいいでしょう。
      敵の行動を止めるためのうちあげはあり。

コマンド一覧

体験版で使用できるコマンドです。
※チェーンボーナスは間違っている可能性あり。
※魔法のチェーンボーナスが0.5%の敵もいます。ゲバルト烈爪等。

名称 コスト ゲージ
増加量
チェーンボーナス 使用キャラ 備考
通常 ブレイク時
戦う 1 10% 18% 共通  
うちあげ 1 0.5% 30% 共通 威力は低いが、敵を空中に打ち上げる効果
ファイア 1 1.5% 1.9% ライトニング 遠距離攻撃
ブリザド 1 1.5% 1.9% スノウ 遠距離攻撃
ファイガ 3 1.5% 1.9% ライトニング 遠距離・範囲攻撃
ブリザガ 3 1.5% 1.9% スノウ 遠距離・範囲攻撃
ケアル 1 共通 味方1人を回復

スポンサーリンク

ファイナルファンタジー13攻略通信 > 体験版攻略 > 戦闘システム